日本人はなんだかんだでレベルが高い。

先日こんなことがあった。

台湾のレストランで食事をしていた。よくわからないけれど、名物というものを勧められたので注文した。テーブルに上がると、食べ方がわからない。そこでその辺の店員を捕まえて訪ねた。「これ、どうやって食べればいいの?」すると、その店員は困った顔をしてこう答えたのである。

「うーん…わからないや、ごめんなさい」

悪意は全く感じられなかった。本当にこう思って、本当に申し訳ないと思ったのだろう。しかし僕らは「あなた」に食べ方を教えてもらいたかったのではない。わからなかったら、すぐに他の店員に「このお客たちが食べ方を知りたがっているから教えてあげて」と回すべきだし、僕らも当たり前にそれを望んでいる。

しかしこの店員は「わたしはわかりません、ごめんなさい」と答えたのだ。レベルが低すぎて呆れた。これは台湾人だからどうのではないだろが、類似のケースはよく出くわす。他の外国でもよくあると思うが、日本でこんなバカみたいなやりとりはしたことがない。

日本人はレベルが高い。正確にいうと、日本人は極端にレベルが低い人間は少ない。はたしてこれは教育の差か、文化の差か。興味があるけど、これを知ったところで他に発展させようが思い浮かばないので、どうでもいい。ちなみに、いわゆるバカッターのようなものに登場するような低レベルな人間はレイヤーが違うので、これもまたどうでもいい。

とにかく、バカに出会うと不愉快だ。

カテゴリー: -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です