台湾のことを「中華台北」と表現することを我々外国人がとやかくいうことは内政干渉だ、ということはすでに述べた。それでもやっぱり台湾を「中華台北」と表現することは抵抗がある人は多いらしい。

しかし私が本当に不思議に思うのは、我々が台湾のビザをとる時に行く日本の「台北駐日経済文化代表処」、あれも「台湾駐日経済文化代表処」にするべきではないか、という主張は、ほとんど見聞きしないことである。

「中華台北」がダメなら同時に「台北駐日経済文化代表処」もダメだ、と主張するべきなんじゃないの?あれだって「中華民国台北駐日経済文化代表処」の「中華民国」を省いている形になっている。省かず、且つ一部を省略すればまさに「中華台北駐日経済文化代表処」だよ。

なぜこれもダメだと主張しないの?これならいいの?いやもしかして知らないの?知らないんだろうね、きっと。もしくは「オリンピックで中華台北はダメだろ運動」してる人に踊らされてるだけなんだよね。

浅い主張してるヤツ見ると、虫唾が走る。

 

カテゴリー: -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です